読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイトデザインの渋log

エイトデザインのグラフィック担当 寺嶋のブログ。渋いモノが好きなので渋logです。

松山文創園區:煙草工場をリノベーション

CULTURE SPOT 渋いもの部 TRAVEL

引き続き、台北のリノベーションスポットのご紹介。

 
 
松山文創園區は、広大な煙草工場跡地をリノベーション&コンバージョンしたカルチャースポット。
 
 
先にご紹介した2つに比べてかなり大規模な施設です。
敷地内には古い建物と、新築されたばかりの複合商業ビルがあります。
 
f:id:eight-design:20160102174215j:image
 
 
 
新築のビルは、日本の建築家、伊東豊雄氏が手がけています。
 
f:id:eight-design:20160102174346j:image
 
 
 
この誠品生活は、蔦屋書店のモデルとなったとも言われる誠品書店が手がける、生活と文化の融合を追求した新しいタイプのショップ。
テナントはかなりのハイレベル。
飲食店やファッション、書籍、生活雑貨だけでなく、ワークショップのアトリエや映画館、ホテルもあります。
 
f:id:eight-design:20160102174711j:image
f:id:eight-design:20160102174731j:image
 
 
 
煙草工場の方はというと、デザイン関連の施設として活用されています。
 
f:id:eight-design:20160102174904j:image
 
 
 
日本で言うところのグッドデザイン賞のような展示がされていました。
 
f:id:eight-design:20160102175009j:image
 
 
 
建物はとにかく広大。
 
f:id:eight-design:20160102175032j:image
f:id:eight-design:20160102175045j:image
 
 
 
こんなかわいい建物もありました。
 
f:id:eight-design:20160102175607j:image
 
 
 
もともと託児所として使われていた建物だそうです。
いまはブックカフェに生まれ変わりました。
 
f:id:eight-design:20160102175702j:image
 
 
 
台湾はここ数年、古い建物の価値を見出して、クリエイティブな空間として新たな命を吹き込む動きが活発のよう。
 
日本もそうなれば良いのにな、と願っています。
 
 

松山文創園區

住所:台北市光復南路133號
交通:MRT板南線「市政府」駅より徒歩10分
 

保存