読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイトデザインの渋log

エイトデザインのグラフィック担当 寺嶋のブログ。渋いモノが好きなので渋logです。

観光ホテル旅案内

f:id:eight-design:20170212154138j:image

 

先日の慰安旅行のあと、こんな本を買いました。

甲斐みのりさんの「一泊二日 観光ホテル旅案内」。

大人数でわいわいくつろげる、エンターテインメント性あふれる古き良き時代の観光ホテルが紹介されている本です。

ハトヤに泊まって以来、すっかり大型観光ホテルの魅力に取り憑かれてしまいまして。

 

もちろんハトヤもバッチリ載ってます。

f:id:eight-design:20170212154409j:image

 

熱海のニューアカオ。

f:id:eight-design:20170212154516j:image

 

こちらのホテルは先日の旅行の際に、内部も見学させていただいたのでした。

遠くからも目立つ70年代の香り漂う素晴らしい建築。

f:id:eight-design:20170212154627j:image

f:id:eight-design:20170212154703j:image

 

ホテルだけじゃなくて近隣の純喫茶や渋レストランも紹介されていて、乙女心を大変くすぐります。

f:id:eight-design:20170212154851j:image

 

基本的には関東から一泊二日で行けるホテルが紹介されているのですが、巻末には全国のおすすめ宿がズラリ。

新旧問わず、やや建築マニアの心くすぐる物件ばかりで、今すぐにでも慰安旅行に行きたくなってしまいます!

 

宿に泊まるということ自体が目的の旅も良いですね。慰安されます。

 

 

一泊二日 観光ホテル旅案内

一泊二日 観光ホテル旅案内

 

 

憧れのハトヤに泊まりました

f:id:eight-design:20170210230637j:image

 

昭和生まれの方ならご存知であろう、

「伊東に行くならハトヤ、電話は4126(良い風呂)」のCMソング。

 

わたしも子供時代に洗脳され続け、ついにハトヤに導かれ、友人と宿泊してきたのでした。

 

憧れのハトヤは、60-70年代の輝きがギュッとつまった、夢のような空間でした。

 

f:id:eight-design:20170210231048j:image

f:id:eight-design:20170210231110j:imagef:id:eight-design:20170210231534j:image

f:id:eight-design:20170210231411j:imagef:id:eight-design:20170210231613j:image

f:id:eight-design:20170210231713j:image

f:id:eight-design:20170210231726j:image

f:id:eight-design:20170210231745j:image

f:id:eight-design:20170210231817j:image

f:id:eight-design:20170210231857j:image

f:id:eight-design:20170210231930j:image

f:id:eight-design:20170210232207j:image

 

「昔〜昔〜浦島が〜、ハトヤの亀に連れられて〜」のCMでおなじみの、海底温泉はこのハトヤではなく、姉妹ホテルのサンハトヤにありました。

 

f:id:eight-design:20170210232428j:image

f:id:eight-design:20170211110110j:image

f:id:eight-design:20170211110124j:image

 

エントランスのうらびれた感じがたまりません。

 

お魚風呂に入ったら、CMでみた大きな水槽のある大浴場!

ウミガメが2匹泳いでいました。

ハトヤの亀はこんなところにいたんですね。。。

 

 

ハトヤはなにかとハトづくし。

お土産のオリジナル手ぬぐいもかわいいし、ギリギリな感じのネーミングのハトヤサブレもいい味だしてます。

f:id:eight-design:20170210232905j:image

 

 

ハトヤがかわいくて楽しすぎて、ハトロスから復活するのに時間がかかってしまいました。

 

昭和の大型観光ホテル探訪、病みつきになりそうです。

撮影DAY

f:id:eight-design:20170110214158j:image

 
 
本日は撮影DAY。
 
漫画やら服やらを持ち込みてんやわんや。
エイトパークのスタッフにモデルになってもらったり。
 
大変だったけど、みんなの協力のおかげで無事終了!
楽しかった。ありがとー!
 
リノベーション賃貸物件のリリースがいくつか控えているので、準備に追われております。
 

保存

保存

SPICE MOTEL

f:id:eight-design:20170105210507j:plain

 

年末に沖縄に行ってきました。

宿泊した宿屋がとても楽しかったので、ご紹介します。

 

沖縄本島の中腹くらい、北中城村にあるSPICE MOTEL。

戦後アメリカ統治時代に建てられたモーテルをリノベーションした宿です。

スパイシーな名前も、マニアックなロケーションも、いい塩梅の簡素さも(二段ベッドだった!)も最高でした。

 

日本では数少ない本来の意味での正統派モーテル。

モーテルなので、ダイレクトに車庫から客室にイン!

なんかワクワクします。

f:id:eight-design:20170105211758j:plain

 

HOTELの箱文字がいい味出してる。

f:id:eight-design:20170105211900j:plain

 

部屋は二段ベッドでエキストラベッド兼ソファもあって、3人まで宿泊できるようでした。

f:id:eight-design:20170105211957j:plain

 

2Fにもお部屋がありました。

f:id:eight-design:20170105212633j:plain

 

フロントは客室とは別の建物。カフェバーと兼ねています。

f:id:eight-design:20170105214835j:plain

 

カウンターにはかつて屋上にあったネオンサインを大胆に移設。

パンチが効いてます。

f:id:eight-design:20170105212346j:plain

 

食事のつかない素泊まりの宿だけど、

フリーのコーヒーと朝はサーターアンダギー食べ放題!

これはうれしい。

テイクアウトしてドライブのお供にも。

f:id:eight-design:20170105212806j:plain

 

ラウンジにはかつての料金表とリノベーション前の写真も飾ってありました。

f:id:eight-design:20170105212930j:plain

 

宿泊料金は1泊1部屋6,000円〜くらいと大変リーズナブル。

昭和レトロな雰囲気と、米軍キャンプに囲まれたアメリカンな文化がないまぜになったエリア。

いわゆるリゾート的ではない、沖縄のローカルカルチャーを味わいたい人にオススメの宿でございます。

spicemotel.com

保存

保存

駅直結のリノベーション賃貸マンション

f:id:eight-design:20161205120255j:plain

 

新しいリノベーション賃貸プロジェクトが始まりました。

名鉄犬山駅直結のリノベーション賃貸マンションです。

 

単身女性向けのリノベ賃貸

子育て世帯向けのリノベ賃貸

 

女性向けのプランはすべて、エイトデザインの女性スタッフがデザインしました。

年代も趣味もライフスタイルも近い女性デザイナーたちが、自分だったらこんな家に住みたい!という夢もちょっと詰め込んで。

 

詳細は特設サイトで。

12/24(土)・25(日)の入居説明会で賃料などの詳細が発表されます。

どうぞお楽しみに。

sumu-inuyama.jp

保存