読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイトデザインの渋log

エイトデザインのグラフィック担当 寺嶋のブログ。渋いモノが好きなので渋logです。

名古屋市役所本庁舎 一般公開

f:id:eight-design:20161104210806j:image

 

名古屋市役所本庁舎には、めくるめくタイルの世界があるらしい。

そんな魅惑的な噂を聞きつけ行ってきました。

年に1回の一般公開に。

 

 

そこには、とてつもなく渋やかな空間が広がっていました。

テンションが上がりすぎて全ての写真がブレました。。。

f:id:eight-design:20161104211218j:image

 

陶芸家による手焼きのタイルがふんだんにあしらわれた贅沢な建築。

f:id:eight-design:20161104211346j:image

f:id:eight-design:20161104211513j:image

 

柱の角は役物タイルで美しく仕上げられています。

f:id:eight-design:20161104211549j:image

 

大理石でできた階段。

f:id:eight-design:20161104211705j:image

 

漆喰彫刻が施されたアーチ。

f:id:eight-design:20161104211755j:image

 

 

そして、めくるめくタイルの世界はここ、貴賓室のトイレにありました。

テンションは最高潮!!

とんでもなくかわいい!!!

f:id:eight-design:20161104212303j:image

 

最高に良いタイル!

f:id:eight-design:20161104212539j:image

 

ミラーとか、水栓とか、いちいちかわいい。

f:id:eight-design:20161104212622j:image

f:id:eight-design:20161104212800j:image

 

住み着きたいレベルのかわいさ。

f:id:eight-design:20161104212842j:image

 

壁のきわがすべて特注の役物タイルで仕上げられていて、とても手間暇かかってます。

感動ものです。

f:id:eight-design:20161104213055j:image

 

 

「神は細部に宿る」と昔の偉い建築家が言っていましたが、本当にそう。

細やかなところまで手作りでひとつひとつ丁寧に作り上げられていて、そのディテールの積み重ねが、美しく心地よい空間を作っているのだとしみじみと実感しました。

 

我々も細部まで魂のこもったものづくりをしたいです。

保存